惰性?

10年以上続けている当ブログですが、
隠遁生活を経てなお、この場所を確保しておくのがある意味ネット上の隠れた水飲み場になっている現状もあり、
おばさんの誰も見ないかもしれない開店休業の仮想喫茶ブログを続けています。
エキブロ創成期からお世話になっている皆様には異変にお気づきだと思いますが、
リアル感たっぷりの等身大お母さんキャラが
私の病気と認知症の母の事などを記録することで誰かのためになるかもしれない感をちょっと出して行こう…日々悩みつつ

子供たちは大きくなり
年寄りは呆けて
私も老いを自覚

そんな秋の日。まだ暑いけどね。

[PR]

# by izumi_04 | 2016-09-27 22:53 | blog | Trackback | Comments(0)

パラリンピック

今夜食事中に聞いていたNHKラジオ第2、PM7:30から
視覚障害ナビラジオ まもなく開幕!リオパラリンピック

この中で私と同じ病気の浦田理恵さん(ゴールボール)のインタビューで
視野を広げて、全体を見渡して


という感じでおっしゃられて、
なんと深い。

網膜色素変性症は、視野が狭い病気なので、概念として視野を広くするという事をパッと話す事はあるけれど、アイマスクしてする競技で視野を広くというのは、なかなか深い。
実際、競技する上で、全体を見渡してというのは必須で健常者であれ何であれ、どの競技も。見えるとか見えないとかじゃなく、気をくばるという点で。
限界を超えたその先を見ている人が言う言葉は、障害者としてではなく、アスリートとしての言葉だった。



[PR]

# by izumi_04 | 2016-09-05 00:22 | Blind | Trackback | Comments(0)

不本意

誤嚥性肺炎→胃ろう→誤嚥性肺炎→栄養入れすぎて嘔吐→誤嚥性肺炎→抗生物質が効かなくなって、腎機能低下でタンパクが出て足は浮腫んで…医療は手詰まりで病気に対して「時間の問題」というのは現実として本当だと思う。
意識はしっかりして、話しかけたらお返事できる。だから家族は母の生命力に期待するところがある。

父は、家族としてベストを尽くしたい、のだと思う。社会的に問題だとはおそらく思っていないし、私としては、今起きている事がまあまあ社会問題だと感じて多少複雑な思いではいる。
死にそうな人に医療費かけて若い人が何とか納めた健康保険、市の財政を圧迫する問題。だからと言って倫理的に人の命は先が短いとか生産的じゃないからとかで軽んじられて良いのかという話。何より本人が管入れられて治療がツライ。延命は家族のエゴなのか問題。
いろいろ考えて、本人に強い生きる希望があれば胃ろうも悪い事でもないと思って今に至っている。

母が退院!?良くなってよかった
と僅かな望みがつながると思ったら

入院して3か月経つと一般的に「追い出される」というヤツで
母は根性で頑張って生き延びているんだと思う。3か月という縛りの間に回復できないのは制度等いろいろな面で辛いことだけど


熱出したり落ち着いたりの繰り返しでまだ施設には帰れそうもない、急性期の病院だから3か月で転院しないといけない、3か月入院すると施設も一度退去ということになり、点滴が外れて施設に戻る時は一からで。また戻れる確約は得ているのは幸運だけど。

まず良い病院に転院できたので、一安心しています。母は話す事も出来るし、理解力もある。だからおそらく復活してくれるのではないかと思っている。

今後、父も80歳を過ぎて老いが進行すると介護保険のお世話になるだろう。「縁起でもない」と目をそらさず、父を見送る過程をシミュレーションして本人の希望を叶えつつ、良い方向を考えていかないと、今は元気だけど、必ず来ることだからと考えている。
その都度起きる出来事に、その都度決断する時は私の目の病気で配慮がいる事もいろいろな条件の一つになるので、難しいなぁ。




[PR]

# by izumi_04 | 2016-07-15 17:13 | 介護 | Trackback | Comments(2)

ありがたい

見破られる

この奥様からまた安否確認のお電話頂いた。
私が目が悪いということを小耳に挟んだのか、
先日のように見た感じで気がついたのか、目の話を切り出され、
結構前からとか運転できなくなったとか鬱っぽくなったとか
母の容態についても話をして、
旦那も兄弟もいないし、友達も年賀状程度の付き合いだし、誰も話す相手がいないから嬉しかった
と心配してくれることに感謝してお礼を言って電話を切った。
今回はわりとちゃんと話をしてよかったと思います。



[PR]

# by izumi_04 | 2016-06-24 22:27 | dialy | Trackback | Comments(2)

参考になるTV

EテレのハートネットTVで見た 見えない人がどう見てるかを取り上げていた。

「見える世界を手放す」という言葉に
開眼というか、「それそれ!」と思いました。
それから視覚支援学校の子供達の言葉がとても良かった。
「見えなくてもいい。その方が楽しい」
再放送があるので録画するなどして見て欲しい。


NHK Eテレ 目の見えない人が"見る“世界
[PR]

# by izumi_04 | 2016-06-23 20:38 | Blind | Trackback | Comments(0)

役に立つ

ガンや難病を抱え日々の暮らしの中で悩んでいる人は多いと思うんですよ、だってガンは生涯罹患率2人に1人ということは。

闘病体験を共有する TOBYO

これで探すときっと見つかる。

私もたくさんブックマークしました。

[PR]

# by izumi_04 | 2016-05-30 10:25 | Blind | Trackback | Comments(2)