2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

どうしましょう

米国医学会が出した 衝撃のリスト

先日、こんな記事を見て、「認知症に胃瘻は無駄」とは、やはり考えるところがある。

無駄だとしても、医師に勧められるままに治療することは、流れに従ってお願いすることになる。
まず身内が直近で命に関わる治療を「いいですから」と断ることは憚られる。
[PR]
トラックバックURL : http://izumi.exblog.jp/tb/19940648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-06-27 13:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumi_04 at 2014-06-27 16:01
これも情報の蓄積の一助になればと言うことで、困っている状態を公開しています。
まずは、家族の中でコンセンサスを得ないといけないのですが、それが一番ネックだったりします。
父は、見舞いに行って世話はするけど、耳は遠いし母と意思疎通がうまくいかないで、しょっちゅう怒られて帰ってくる。それは母の病気について書物を読んで理解しようとしなかったりしていたからだと思います。以前私が「認知症高齢者の心がわかる本」を買ってきて、熱心に勉強したけど、父はその本を見るのを嫌がったので。真正面で受け止めてはいないと思います。
そして高額医療費の請求の仕方とか、ワタシに聞けば良いのに…と言う事が散見されるのです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by izumi_04 | 2014-06-27 09:21 | 介護 | Trackback | Comments(2)