2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

治らなくても

せめて現状維持、進行を遅らせることができるなら、治療を受けてみたいと思う。
そこで、調査すると千葉大学や東京大学、京都大学、九州大学は治療を受けられそうだとわかりました。地元の大学病院は専門でやっていないみたい。
千葉は長男がいるし、移住してもいいかなと思う。

難病とは、やはり治療を受けるのも難しい。
大学病院で診てもらっても治らないと言われた病気なので、それでもどこかで期待したい。
しかし、相談相手がいない。
大人の込み入った話ができる人がいない。
兄弟姉妹がいない。ダンナは死んでいない。
母は寝たきり、父にはざっくり説明したけど、理解度に疑問符がつく。
家計簿つけていて、書類書けなくなったらどうしよう?とか、不安になります。

不安だけど、仕事は来るし、頑張っていかなくちゃ。

頂いた仕事は精一杯やって行けば、そのうちなんとかなるかならないか。でも目は悪くなりそうだね。

明日の朝、元気でカーテンを開けて、それを毎日続けていく。
今できることは、これくらいしかない。


明日は、母の退院日。
病院に迎えに行かなくちゃ。
[PR]
トラックバックURL : http://izumi.exblog.jp/tb/20082700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-08-11 07:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumi_04 at 2014-08-11 13:53
ありがとうございます。
特に理化学研究所のサイトはためになりました。神戸に行こうかしら?
Commented at 2014-08-11 14:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumi_04 at 2014-08-11 22:38
多くの人は、現実を受け入れがたいので、なるべく情報を入れたくないのです。無意識に。
父も、認知症の勉強をしようとせずに、母にしょっちゅう叱られてぼやいています。理解しようとすれば、そういう対応にならないはずだと思うのだけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by izumi_04 | 2014-08-10 21:03 | dialy | Trackback | Comments(4)