2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

お勉強

朝から図書館に行って、視覚障害に関する書籍を5冊ぐらい読んだ。
先日買ったサングラスをメガネに掛けて。
少々怪しげでも、少々大袈裟でも、積極的に目が良くない感じを出して、堂々としていたらいいンじゃないかと。
歩きにくいけど、本は読めます。
視覚障害の当事者側、眼科医側、企業の人事側、ケースワーカー側、などいろいろな視点での本を読んで、勉強になりました。
一人暮らしをする社会人の若者が書いた本で興味深いところがありました。
【めくら】という言葉が差別用語というのは、思慮の足りない人という少し馬鹿にしたニュアンスが含まれるという感じの事が書いてありました。
差別用語ということを意識しなくて使うケースもあるけど、以前、肢体不自由児が訓練したり、小児心療内科がある子ども病院でスタッフ同士の雑談の中で「びっこ引くような感じ」と言う言葉が出てきたのをパーテーション越しに聞いて、ちょっとざわざわしました。
人一倍敏感じゃないかという職場でも、この感じです。
自分でも、「お先真っ暗」と言ってハッとするくらいですからね。
病気と無縁の時には特に、結果として思慮の浅い言葉が出てくるのかも。

人間って らららーららら らーらー


ロービジョンの集いなども、とてもためになります。良く読んでいます。ネットで調べて勉強にもなりますが、図書館で本を読んで調べると随分と世界が開けます。
とにかく、時間を作ってこれからの事をお勉強して行きたいです
[PR]
トラックバックURL : http://izumi.exblog.jp/tb/21344128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-06-15 21:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumi_04 at 2015-06-15 22:07
「かつら」という看板を笑っていた子ども時代を思うと、私も浅はかで酷いなと思います。
放送業界では言葉狩りとかいろいろな議論があるようですが、当事者としては、内心ざわざわしても、知らずに投げる言葉には寛容でありたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by izumi_04 | 2015-06-15 00:34 | Blind | Trackback | Comments(2)