2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

患者の家族

今週、母が急変しました。
心拍数や血圧などのモニターの数値は反転してアラーム鳴りっぱなしのベッドサイドでパイプ椅子に座っているのが胸をキリキリやられて辛かった。
次第に慣れて平気になってきたら容体は当日のうちに持ち直し、安心しているところです。
主治医の先生から今回は厳しいかもしれないねとおっしゃった。それでも母の生きようとする力はすごい。

a0002532_15552959.jpg


NHKのおはよう日本でも、Nスペでもやってましたけど、こんな感じの論調である事もわかる。
3年前に胃ろうを作る時には悩ましかったけど、まず本人の生きたい気持ちがあった。

父はいつかそんな日が来るとわかっていても受け入れられない「できるだけ生かしてやりたい」とあたふたしているところを主治医の先生が優しくしてくださって、ありがたいです。

心が受け入れられないから徐々に受け入れるには実務的なところで亡くなる時の準備したら良いのではと、昨日の新聞に書いてありました。

[PR]
トラックバックURL : http://izumi.exblog.jp/tb/237191403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あきと at 2017-07-18 18:38 x
大変だったね。izumiさんも体調には気を付けてね(^.^)
Commented by izumi_04 at 2017-07-19 13:26
> あきとさん
ありがとうございます。2時前に病院から連絡来て、とりあえず寝ようと思っても眠れないから2時間寝たかどうかという感じだったけど、2、3日は後をひいたね。
あっきーも体調どうですか?私も心配していましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by izumi_04 | 2017-07-15 15:55 | 介護 | Trackback | Comments(2)