2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

カテゴリ:dialy( 49 )

作戦会議

先日、そふぃさんとお会いしていろいろお話しした。


おばさんのこれからの生き方について、語り合った。


年老いた親の調子を見つつ、新しい事を始めるなら 今かなぁという意見で一致。小一時間話してお別れした。

家族旅行の途中に貴重な時間をありがとうございました。


新しく仕事する事についての心配は、老化以外に目の病気があるから、見えなくなっても続けられるかということがとても大事な事。


隙間ぬって入り込んで実績を重ねていきたい。私は流しの仕事人みたいな感じで構わない。


そして残りの時間を機嫌よくいきたいじゃない。




[PR]
by izumi_04 | 2017-11-28 21:42 | dialy | Trackback | Comments(0)

ありがたい

見破られる

この奥様からまた安否確認のお電話頂いた。
私が目が悪いということを小耳に挟んだのか、
先日のように見た感じで気がついたのか、目の話を切り出され、
結構前からとか運転できなくなったとか鬱っぽくなったとか
母の容態についても話をして、
旦那も兄弟もいないし、友達も年賀状程度の付き合いだし、誰も話す相手がいないから嬉しかった
と心配してくれることに感謝してお礼を言って電話を切った。
今回はわりとちゃんと話をしてよかったと思います。



[PR]
by izumi_04 | 2016-06-24 22:27 | dialy | Trackback | Comments(2)

小さな良いこと

久しぶりに子供の小学校のPTA仲間に会い、立ち話。
「元気〜〜!病気とかしてない?」
まあ そうなるわな。
なんか言おうとしてやめたら
「大丈夫ぅ?一瞬止まったけど」
「うん 大丈夫 元気(笑顔)」

金欠病(!)だったり あと目の病気ね。

通りすがりの知人にいちから話すのもアレだし、まあ元気だし、嘘じゃないもんね。
いろいろあるのは私だけじゃなく誰でもそうだし。
普段はひきこもって
孤独なんだ私は、みたいな感じだけど、
知り合いに会って立ち話できるというのは
良いことだなと思って。


母はなんとか持ち直しております。
病院のみなさんのおかげです。
でも気持ちは予断を許さない感じでやっています。





[PR]
by izumi_04 | 2016-05-24 20:13 | dialy | Trackback | Comments(2)
昨日は久しぶりに材料屋に行って、

店員「久しぶりねぇ どうしてるの 」
私「やめたはずなのにやっぱり仕事が来るのよ 
色覚に異常が出てきたからちょっとこれ(糸の色)見てくれない? 」
店員「私も老眼よ 」

といったやりとり。



老眼とか疲れ目とかじゃなくて、本当のヤツ(失明の可能性がある)というのは、なかなか思いつかないようで 皆さん…


ハローワークインターネットサービスを見ながらぼちぼち仕事していた。ハローワーク通いを再開しようとしたけど、20年雇われずやってきたので、もう一度製作をやっていこうかなんて思い、資料当たって在庫当たっていたらちょっと目の調子が悪くなり。


こうやって次第に光を無くすのだろうか。




[PR]
by izumi_04 | 2016-04-30 01:04 | dialy | Trackback | Comments(2)

脳卒中に注意

日々の生活を改めるのは容易ではないが
できる範囲でできる時に軌道修正で充分じゃないかと思っている。
食べたい時は食べて、食べられない時は無理しない。
毎日ストレッチしているけど、それより早く寝るほうがいいと思う時は体操をしない。

配偶者と離別・死別した人、脳卒中のリスク高まる

このニュース見て、キムタクじゃないけど「ちょっ 待てよ〜」
配偶者と離婚したり死別したりした人は、脳卒中の発症リスクが3割弱上昇していた。男女による差はほとんどなかった。脳卒中の中でも、脳出血のリスクが高まる傾向があった。


その他記事全体が私の事ですかという感じで、思わず気が引き締まります。
母が入院した時、病院の自由に使える血圧計で測った数値は高血圧の部類で驚いたけど半信半疑だった。だけどそれは正しかったんだろうと思う。

脳卒中になるリスクが高いなら、自分でなんとかしていくしかない。
食生活に気をつけて、高血圧、塩分注意、適度な運動、体重管理。
これもできる範囲で無理しない。

病気がわかって運転やめてから、ストレス、鬱っぽい、色々思い当たることがある。
以前、目が痛くて見えずらいから運転したくないと言ってたときと結局同じ結論(引っ越したい)なのだけど。

目が見えなくても死にゃしないけど、
高血圧は死ぬからな。


入院セットを鞄に詰めて、
重要書類も整理して、
と倒れる前提で準備していると
実際に使うことはないかもしれない。
そういう意味も込めて、少し準備し始めた。
さらに家の片付けを続けて、荷物を少なくしていかないとと思う。

[PR]
by izumi_04 | 2016-04-03 22:30 | dialy | Trackback | Comments(8)

見破られる?

20年来の知人(70代のおば様)から電話。
「病気とかしてない?」
町内というか、1丁目2丁目ぐらいの距離で
近所のスーパーで月に1度ぐらい会うかどうか。
お電話で「病気してるんじゃないの」に驚き、細々した話はしないと決めて、まあ命に別条はないから「元気です」と言って「ありがとうございます」と重ね重ねお礼を言い電話を切った。

歩く姿を見かけられたりした場合、気になる点があるのかもしれないし。

今度会って話す時には、相談というか何かしら話してみようと思っている。
[PR]
by izumi_04 | 2016-01-16 20:54 | dialy | Trackback | Comments(2)

粕汁

a0002532_23553589.jpg


年に1度ぐらい 大きな鍋に
粕汁を作る。
関西でも働いていた母が、
たまに作っていた母の味。

数年前に適当に作っていた時は、
酒粕の塊が口に入って
ウグってなったりしたので、
すり鉢で当たって、水を足しながら
酒粕を滑らかにして
味噌漉しで鍋に入れて
美味しく作れるように。

2日ぐらいで食べてしまうかな



[PR]
by izumi_04 | 2016-01-11 23:55 | dialy | Trackback | Comments(2)

また病気?

人前に出る事を意識しない半引きこもり軟禁生活していたけれど、病気して余計に身だしなみ以上の気遣いが必要だと感じて、鏡の前でなんと営業スマイルの練習をしていましたら、右目の下がピクピクけいれんしていました。
目頭から目尻に向かって涙袋の下側が、血管か神経か、ぷくんと膨らんでいるところが、不規則にけいれんしている。

なんと!


最寄りの神経内科を検索してみたり、
「けいれん」で検索すると

中高年の女性に多い
フン!

上の歯だけ見せるスマイル練習で、目の下がけいれんする感じ。
口角を上げるだけで口を開けなきゃけいれんしない。
普段、スマイルがほぼないから顔の筋肉が怠けていて、顔が「急に笑うんじゃないよ」と文句言っているのかもしれないです。

とりあえず、大学病院でボツリヌス注射は様子見て、
まず自力で治せるだけやってみようかと思います。
ストレスが良くないみたいだけど、24時間中に18時間は頭のどこかで目の事ばかり考えてる感じだし…
ハローワークからオススメの求人が送られてきて、これも何かの縁だから受けてみようかなと思ったり(うちにいても金は貰えないからね)
そういう、次にする事を考えてるのもストレスだろうし。
ツボ押しして、ホットタオルを目の上に乗せて、よく寝て、治らなかったら病院行くことにします。



先日、BSフジで「長崎のエジソン」と言われる長崎大学の石松先生が出ておられました。
ALSの患者さんの所へ一人で電話を掛けられる便利グッズを作って届けていました。
ご自身もガンで体調もすぐれない中で、難病患者さんの為に全力を尽くすのが生き甲斐のようでした。
ALSの患者さんも、家族の方も、病気の受容、不安、いろいろご苦労が多いと思います。奥様は涙を流して喜んでいたのが印象的でした。




[PR]
by izumi_04 | 2015-11-22 21:08 | dialy | Trackback | Comments(2)

近況

調子が良かったり悪かったりしています。
図書館でたくさん本を借りてきて読んだり、近所の奥様から仕事を貰ってぼちぼち縫ったり、翌日は目が痛くて何を手当てしてもダメで寝るしかなかったり、顔のマッサージしたり、ドラッグストアで暇つぶしして1万円の美容クリームを手に塗ったくって、車に乗れば後部座席でも疲れて目が痛くなり、私は時々自信をなくしたりしています。

「視覚障害者をめぐる社会と行政施策」
職業選択の変遷を視座にして 鈴木正行著

太古の昔からどんな仕事をしてきたか詳しく書かれています。
読みながら、
イタコか… 占い師か…琵琶法師か…
三味線の流しか…修道院で聖歌歌うか…
なんか現実味のない、できそうにないことばかり。
やっぱりあんまさんか…
でも、人の体に触れることができるか不安だわ〜。それを天職と思って頑張っていけるかしら?
趣味の不動産物件の検索は続けています。
それから盲学校を調べたり、忙しい😀
ハローワークは少しお休みしています。
私を雇うと事業所に補助金が出るから「母子家庭のお母様」と電話先方に告げるハローワークの担当者を前に、思うところあり、お勤め自体ブランクがあり、その上視覚障害を抱えて色々不安だと思うと、厳しさ100倍だなぁと思って、就業困難者という厚労省のレッテルの前に色々こちらも考えなくてはと思っています。
でもね、私よりも相当厳しい環境の人はいるのよ。体を壊して仕事をやめてお家賃が払えない…とか。
箱入りオバサンだと気づく今日この頃です。





[PR]
by izumi_04 | 2015-11-17 21:15 | dialy | Trackback | Comments(2)

ゴッドハンドになった

マッサージ修行中の私。
顔のラインが変わって、その効果に驚いています。

パンパンだった顔が痩せて、病気の顔してヤダと言っていたこの私。
目の下のハの字がほぼわからなくなっている。
二重あごは行方不明。
正面から見える耳の量が増えた。

スゴイデスネー。


美人になったというよりも、
若返った!

リフトアップに高い化粧品は要らない!
(高い化粧品が悪い訳ではない)
ちゃんと保湿が効いていれば、化粧品は何でも好きなのを使っていい。
私は、金銭的な問題で自分のことにお金がかけられないので、年齢相応のそこそこ高めの化粧品をやめて、安い化粧水にヒアルロン酸などの原液を数種類1滴ずつ混ぜて使っています。原液は生協で売っています。(1,500円ぐらい)

ほっぺたの位置を昔に戻すのに、
化粧品の力だけじゃなく、他に武器を手に入れた感じでした。

それから脚もホッソリ。
膝小僧が小さくなった。
スカート履いちゃおうかしら?

本当に凄い効き目で我ながら驚いています。






[PR]
by izumi_04 | 2015-11-05 22:48 | dialy | Trackback | Comments(2)