2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

カテゴリ:介護( 8 )

不本意

誤嚥性肺炎→胃ろう→誤嚥性肺炎→栄養入れすぎて嘔吐→誤嚥性肺炎→抗生物質が効かなくなって、腎機能低下でタンパクが出て足は浮腫んで…医療は手詰まりで病気に対して「時間の問題」というのは現実として本当だと思う。
意識はしっかりして、話しかけたらお返事できる。だから家族は母の生命力に期待するところがある。

父は、家族としてベストを尽くしたい、のだと思う。社会的に問題だとはおそらく思っていないし、私としては、今起きている事がまあまあ社会問題だと感じて多少複雑な思いではいる。
死にそうな人に医療費かけて若い人が何とか納めた健康保険、市の財政を圧迫する問題。だからと言って倫理的に人の命は先が短いとか生産的じゃないからとかで軽んじられて良いのかという話。何より本人が管入れられて治療がツライ。延命は家族のエゴなのか問題。
いろいろ考えて、本人に強い生きる希望があれば胃ろうも悪い事でもないと思って今に至っている。

母が退院!?良くなってよかった
と僅かな望みがつながると思ったら

入院して3か月経つと一般的に「追い出される」というヤツで
母は根性で頑張って生き延びているんだと思う。3か月という縛りの間に回復できないのは制度等いろいろな面で辛いことだけど


熱出したり落ち着いたりの繰り返しでまだ施設には帰れそうもない、急性期の病院だから3か月で転院しないといけない、3か月入院すると施設も一度退去ということになり、点滴が外れて施設に戻る時は一からで。また戻れる確約は得ているのは幸運だけど。

まず良い病院に転院できたので、一安心しています。母は話す事も出来るし、理解力もある。だからおそらく復活してくれるのではないかと思っている。

今後、父も80歳を過ぎて老いが進行すると介護保険のお世話になるだろう。「縁起でもない」と目をそらさず、父を見送る過程をシミュレーションして本人の希望を叶えつつ、良い方向を考えていかないと、今は元気だけど、必ず来ることだからと考えている。
その都度起きる出来事に、その都度決断する時は私の目の病気で配慮がいる事もいろいろな条件の一つになるので、難しいなぁ。




[PR]
by izumi_04 | 2016-07-15 17:13 | 介護 | Trackback | Comments(2)

そろそろ

毎月のように誤嚥性肺炎や腎臓で入院している母は、今回帰ることができるかという
非常に厳しい状態になっている。

病院から13日に今後の治療についてのお話があると連絡があり、翌日行くと病院の先生から
「時間の問題」と言われた。

4月初めに入院した頃はまだ話すことができた。

「これが良くなったら家に帰りたい」

今は呼吸器がついていて、とても辛そう。
腎臓の治療が効かなくなってむくみが抜けないから足も首もぱんぱんに腫れている。
一時期からちょっと容体は持ち直しているけれど、「時間の問題」と言われているので毎日がドキドキ。
根性の人だった母の生命力をどこか期待し、毎日頑張ってるんだと思う反面、この状態が続くのがかわいそうで…
エンディングに向けて心づもりしていかないといけないなと昔の写真を漁ってみたり。
いつ急変するかわからないから仕事も用事も前倒しでやっている。

いろいろ聞きたいことがあったけど、今となってはどうしようもない。
もう少し元気な頃は、病気が悪くなったら困ると思って聞きたいことは聞けない。
もっと若い頃は、話が通じなかった。
人間ってこんなものなのだろう。
いろいろ昔の事を思い出したり、これからの事を考えたりする。





[PR]
by izumi_04 | 2016-05-17 21:29 | 介護 | Trackback | Comments(0)

ひとり和解

ほぼ月一で発熱で入院している母の退院で
しばらく病院にいると、
周りで看護師さんやら補助スタッフの人たちがテキパキ働いているのを見ながら
若い頃、看護師になろうかと一瞬思った時に「なるなら聖路加とか一流のところに行きなさい」と言われたな、とか
昔のことを思い出したりしていた。

あまり喋ったりすると疲れると思うので、
ただそばでパイプ椅子に座っていた。
現役の時は、看護師長までやっていた母だった。

今は寝たきりで、胃瘻で、体には管が繋がれたりしているけれど、主治医の話や、周りの人たちの話はよく理解していると思う。会話は込み入った話はできないけれど、わかっていると思う。
人としての尊厳を大切にして最後までいてあげたいと思う。
母とは、いつまでも思春期かと思うほど難しい時期もあったけれど、一緒に居られるのもそれほど長くないかも知れないと思うと、驚くほど小さくなった母を愛おしく感じる。

父などは母が意外と何でもわかっていることに気がついていないと思うけどね。


[PR]
by izumi_04 | 2015-12-14 21:23 | 介護 | Trackback | Comments(2)

手術

母の胃瘻の手術が終わった。
ストレッチャーで運ばれて、終わって母の顔を見て、ナースステーションで主治医の話を聞いてお礼を言って出るまで約1時間。
先生は、父よりも私の顔を見て説明していたため、先生も父よりも私の方が話が通じると思ったのだろう。



帰り道は外が眩しくて、ずっと下を向いていた。これからグラサンが要るなと思った。
父には母のことでさえ心配でいっぱいいっぱいなのに、私の目が見えなくなって来ていることは、父が運転する車中で2人だったけど、言えなかった。
[PR]
by izumi_04 | 2014-07-18 15:25 | 介護 | Trackback | Comments(2)

どうしましょう

米国医学会が出した 衝撃のリスト

先日、こんな記事を見て、「認知症に胃瘻は無駄」とは、やはり考えるところがある。

無駄だとしても、医師に勧められるままに治療することは、流れに従ってお願いすることになる。
まず身内が直近で命に関わる治療を「いいですから」と断ることは憚られる。
[PR]
by izumi_04 | 2014-06-27 09:21 | 介護 | Trackback | Comments(2)

胃瘻について

誤嚥性肺炎で入院した母(81)。
病院から、胃瘻を作る同意を求められた。
以前から、テレビでも特集していた胃ろうには賛否両論あると知っていたので、家族の意見としては胃ろうにはしないと父も言っていたけど、いざその状態になると、家族としては出来ることはしたい、みすみす衰弱死させるわけにもいかない、1日でも長く生きてほしいと思う。
それで、胃瘻について少し調べてみると、本人に生きる強い意志を持っているならば、それは良い選択だという気持ちになった。
これから先どうなるかわからない。
母の生命力に期待して、ご飯が食べられるようになればとも、思ったりする。
[PR]
by izumi_04 | 2014-06-19 10:18 | 介護 | Trackback | Comments(2)

入院の手続き

a0002532_85634100.jpg



母が入院になった。
やたら書類が多い。
責任の確認的な、同意書とか、備品借用書とか。
高齢化社会で高齢の方がこんなたくさん書類にサインしないといけないというのは、結構負担だと思う。実際、書き仕事は私に丸投げされる。

ペーパーレス時代、もうちょっと簡素化出来ないのだろうか。
病院側の訴訟対策のために同意書を書かされているのか。

元気過ぎる時の体重の半分ぐらいになった母だけど、もうちょっと頑張って欲しいというのは、娘の我儘なのか。
[PR]
by izumi_04 | 2014-06-10 08:55 | 介護 | Trackback | Comments(2)

歯がなくても美味しく

a0002532_13562258.jpg


誰もが知ってる高齢化社会。
それなのに、高齢者向けの料理本が極端に少ない。
本屋に並ぶのは、少子化なのに離乳食ばかり。
母に満足なご飯を食べさせられなかったことを反省して、勉強中です。
5、6種類のおかずを作って、歯が悪くても食べられるメニューから、高校生が満足するメニューまで網羅しているつもりでしたが、例えばトンカツでも、柔らかく食べられる工夫というものがあるのではないか?という、歯がなくても美味しく食べるメニューを勉強したいです。
[PR]
by izumi_04 | 2014-04-27 13:55 | 介護 | Trackback | Comments(2)