2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

役に立つ

ガンや難病を抱え日々の暮らしの中で悩んでいる人は多いと思うんですよ、だってガンは生涯罹患率2人に1人ということは。


これで探すときっと見つかる。

私もたくさんブックマークしました。

[PR]
# by izumi_04 | 2016-05-30 10:25 | Blind | Trackback | Comments(2)

小さな良いこと

久しぶりに子供の小学校のPTA仲間に会い、立ち話。
「元気〜〜!病気とかしてない?」
まあ そうなるわな。
なんか言おうとしてやめたら
「大丈夫ぅ?一瞬止まったけど」
「うん 大丈夫 元気(笑顔)」

金欠病(!)だったり あと目の病気ね。

通りすがりの知人にいちから話すのもアレだし、まあ元気だし、嘘じゃないもんね。
いろいろあるのは私だけじゃなく誰でもそうだし。
普段はひきこもって
孤独なんだ私は、みたいな感じだけど、
知り合いに会って立ち話できるというのは
良いことだなと思って。


母はなんとか持ち直しております。
病院のみなさんのおかげです。
でも気持ちは予断を許さない感じでやっています。





[PR]
# by izumi_04 | 2016-05-24 20:13 | dialy | Trackback | Comments(2)

そろそろ

毎月のように誤嚥性肺炎や腎臓で入院している母は、今回帰ることができるかという
非常に厳しい状態になっている。

病院から13日に今後の治療についてのお話があると連絡があり、翌日行くと病院の先生から
「時間の問題」と言われた。

4月初めに入院した頃はまだ話すことができた。

「これが良くなったら家に帰りたい」

今は呼吸器がついていて、とても辛そう。
腎臓の治療が効かなくなってむくみが抜けないから足も首もぱんぱんに腫れている。
一時期からちょっと容体は持ち直しているけれど、「時間の問題」と言われているので毎日がドキドキ。
根性の人だった母の生命力をどこか期待し、毎日頑張ってるんだと思う反面、この状態が続くのがかわいそうで…
エンディングに向けて心づもりしていかないといけないなと昔の写真を漁ってみたり。
いつ急変するかわからないから仕事も用事も前倒しでやっている。

いろいろ聞きたいことがあったけど、今となってはどうしようもない。
もう少し元気な頃は、病気が悪くなったら困ると思って聞きたいことは聞けない。
もっと若い頃は、話が通じなかった。
人間ってこんなものなのだろう。
いろいろ昔の事を思い出したり、これからの事を考えたりする。





[PR]
# by izumi_04 | 2016-05-17 21:29 | 介護 | Trackback | Comments(0)
昨日は久しぶりに材料屋に行って、

店員「久しぶりねぇ どうしてるの 」
私「やめたはずなのにやっぱり仕事が来るのよ 
色覚に異常が出てきたからちょっとこれ(糸の色)見てくれない? 」
店員「私も老眼よ 」

といったやりとり。



老眼とか疲れ目とかじゃなくて、本当のヤツ(失明の可能性がある)というのは、なかなか思いつかないようで 皆さん…


ハローワークインターネットサービスを見ながらぼちぼち仕事していた。ハローワーク通いを再開しようとしたけど、20年雇われずやってきたので、もう一度製作をやっていこうかなんて思い、資料当たって在庫当たっていたらちょっと目の調子が悪くなり。


こうやって次第に光を無くすのだろうか。




[PR]
# by izumi_04 | 2016-04-30 01:04 | dialy | Trackback | Comments(2)

脳卒中に注意

日々の生活を改めるのは容易ではないが
できる範囲でできる時に軌道修正で充分じゃないかと思っている。
食べたい時は食べて、食べられない時は無理しない。
毎日ストレッチしているけど、それより早く寝るほうがいいと思う時は体操をしない。

配偶者と離別・死別した人、脳卒中のリスク高まる

このニュース見て、キムタクじゃないけど「ちょっ 待てよ〜」
配偶者と離婚したり死別したりした人は、脳卒中の発症リスクが3割弱上昇していた。男女による差はほとんどなかった。脳卒中の中でも、脳出血のリスクが高まる傾向があった。


その他記事全体が私の事ですかという感じで、思わず気が引き締まります。
母が入院した時、病院の自由に使える血圧計で測った数値は高血圧の部類で驚いたけど半信半疑だった。だけどそれは正しかったんだろうと思う。

脳卒中になるリスクが高いなら、自分でなんとかしていくしかない。
食生活に気をつけて、高血圧、塩分注意、適度な運動、体重管理。
これもできる範囲で無理しない。

病気がわかって運転やめてから、ストレス、鬱っぽい、色々思い当たることがある。
以前、目が痛くて見えずらいから運転したくないと言ってたときと結局同じ結論(引っ越したい)なのだけど。

目が見えなくても死にゃしないけど、
高血圧は死ぬからな。


入院セットを鞄に詰めて、
重要書類も整理して、
と倒れる前提で準備していると
実際に使うことはないかもしれない。
そういう意味も込めて、少し準備し始めた。
さらに家の片付けを続けて、荷物を少なくしていかないとと思う。

[PR]
# by izumi_04 | 2016-04-03 22:30 | dialy | Trackback | Comments(8)

また一段階

最近気づいたことを備忘録として

少し薄暗いところでパステルカラーの青と緑のタオルの色の区別がつかない
これは「ついに来たな」と思った
薄い青だなと思って、リビングの明るいところに行くと緑だった

夜に暗い廊下を通って洗面所やトイレに行くと以前より照明が暗くなったと感じる
(子供に聞くとそうでもない)


とうとう黒い布地のミシン目を解く時に縫い目が見つからない
車の後部座席で助手席の背もたれやヘッドレストの前にいると世の中が真っ暗

もうテレビは良く見えなくてもくよくよしないようにしている。

目に良いとされるサプリも
栄養剤も飲んでない。
難病だから、疲れ目が改善するとかそういうのじゃないから

栄養剤やエナジードリンクに頼るとしても、頑張ったあとは寝込むとか
後でトントンになるから飲まない方が体に副作用が少ないと思う
(個人の感想です)



見えなくなっていく過程とかその心情を書いていくと、それが知りたいどなたかのためになるだろうということで、時々変化があった時に書いていこうと思っています。



[PR]
# by izumi_04 | 2016-02-13 23:05 | Blind | Trackback | Comments(0)