2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

定期検診

昨日は眼科に行って定期検診。
いつか大きな病院で徹底的に診てもらおうとも思うけど、まずはデータの蓄積としていつもお世話になっている眼科です。

裸眼で0.06とかで、
矯正視力が右0.5 左0.4
そんなに変化はありませんでした。


[PR]
# by izumi_04 | 2016-01-07 20:50 | Blind | Trackback | Comments(2)

迷子回避

あけましておめでとうございます。
年末年始は風邪を引き、目も痛くて・・・
ネットでちょこちょこ見る分にはiPhoneでいけるけど
Macで見るときはよくマウスの矢印を見失います。
そこで、アクセシビリティをいじって

a0002532_13182541.jpg



でかくなった!

しかし、カーソルの文字の大きさとズレてでかいので
文字打ちの時はなんだかあれです。
文字の大きさもでかくしたほうがいいかな?
[PR]
# by izumi_04 | 2016-01-04 13:29 | mac | Trackback | Comments(2)

今年のクリスマスは

毎年クリスマスは ラジオチャリティミュージックソン

目の不自由な方のために音の出る信号機を

今日のお昼に終わりました。
24時間聞いていたわけじゃない、
ちょこちょこっと聞いていたけど、
三宅君が良いこと言うとかちょっとしたところでグッと来るとか、
音楽かかっている後ろからお電話繋いだ会話が流れてまた感激したり、
最後は普段涙も出ない私が泣いていた。

今迄は私が健常者寄りだったこともあり、番組に対する感じ方も年々変わってきました。
V6のみなさんがとても良かった。
カッキーも良かった。
エリちゃんも会いに行きたかった。


募金は1月いっぱい受け付けているらしいです。
[PR]
# by izumi_04 | 2015-12-25 21:44 | Blind | Trackback | Comments(2)

ひとり和解

ほぼ月一で発熱で入院している母の退院で
しばらく病院にいると、
周りで看護師さんやら補助スタッフの人たちがテキパキ働いているのを見ながら
若い頃、看護師になろうかと一瞬思った時に「なるなら聖路加とか一流のところに行きなさい」と言われたな、とか
昔のことを思い出したりしていた。

あまり喋ったりすると疲れると思うので、
ただそばでパイプ椅子に座っていた。
現役の時は、看護師長までやっていた母だった。

今は寝たきりで、胃瘻で、体には管が繋がれたりしているけれど、主治医の話や、周りの人たちの話はよく理解していると思う。会話は込み入った話はできないけれど、わかっていると思う。
人としての尊厳を大切にして最後までいてあげたいと思う。
母とは、いつまでも思春期かと思うほど難しい時期もあったけれど、一緒に居られるのもそれほど長くないかも知れないと思うと、驚くほど小さくなった母を愛おしく感じる。

父などは母が意外と何でもわかっていることに気がついていないと思うけどね。


[PR]
# by izumi_04 | 2015-12-14 21:23 | 介護 | Trackback | Comments(2)

また病気?

人前に出る事を意識しない半引きこもり軟禁生活していたけれど、病気して余計に身だしなみ以上の気遣いが必要だと感じて、鏡の前でなんと営業スマイルの練習をしていましたら、右目の下がピクピクけいれんしていました。
目頭から目尻に向かって涙袋の下側が、血管か神経か、ぷくんと膨らんでいるところが、不規則にけいれんしている。

なんと!


最寄りの神経内科を検索してみたり、
「けいれん」で検索すると

中高年の女性に多い
フン!

上の歯だけ見せるスマイル練習で、目の下がけいれんする感じ。
口角を上げるだけで口を開けなきゃけいれんしない。
普段、スマイルがほぼないから顔の筋肉が怠けていて、顔が「急に笑うんじゃないよ」と文句言っているのかもしれないです。

とりあえず、大学病院でボツリヌス注射は様子見て、
まず自力で治せるだけやってみようかと思います。
ストレスが良くないみたいだけど、24時間中に18時間は頭のどこかで目の事ばかり考えてる感じだし…
ハローワークからオススメの求人が送られてきて、これも何かの縁だから受けてみようかなと思ったり(うちにいても金は貰えないからね)
そういう、次にする事を考えてるのもストレスだろうし。
ツボ押しして、ホットタオルを目の上に乗せて、よく寝て、治らなかったら病院行くことにします。



先日、BSフジで「長崎のエジソン」と言われる長崎大学の石松先生が出ておられました。
ALSの患者さんの所へ一人で電話を掛けられる便利グッズを作って届けていました。
ご自身もガンで体調もすぐれない中で、難病患者さんの為に全力を尽くすのが生き甲斐のようでした。
ALSの患者さんも、家族の方も、病気の受容、不安、いろいろご苦労が多いと思います。奥様は涙を流して喜んでいたのが印象的でした。




[PR]
# by izumi_04 | 2015-11-22 21:08 | dialy | Trackback | Comments(2)

近況

調子が良かったり悪かったりしています。
図書館でたくさん本を借りてきて読んだり、近所の奥様から仕事を貰ってぼちぼち縫ったり、翌日は目が痛くて何を手当てしてもダメで寝るしかなかったり、顔のマッサージしたり、ドラッグストアで暇つぶしして1万円の美容クリームを手に塗ったくって、車に乗れば後部座席でも疲れて目が痛くなり、私は時々自信をなくしたりしています。

「視覚障害者をめぐる社会と行政施策」
職業選択の変遷を視座にして 鈴木正行著

太古の昔からどんな仕事をしてきたか詳しく書かれています。
読みながら、
イタコか… 占い師か…琵琶法師か…
三味線の流しか…修道院で聖歌歌うか…
なんか現実味のない、できそうにないことばかり。
やっぱりあんまさんか…
でも、人の体に触れることができるか不安だわ〜。それを天職と思って頑張っていけるかしら?
趣味の不動産物件の検索は続けています。
それから盲学校を調べたり、忙しい😀
ハローワークは少しお休みしています。
私を雇うと事業所に補助金が出るから「母子家庭のお母様」と電話先方に告げるハローワークの担当者を前に、思うところあり、お勤め自体ブランクがあり、その上視覚障害を抱えて色々不安だと思うと、厳しさ100倍だなぁと思って、就業困難者という厚労省のレッテルの前に色々こちらも考えなくてはと思っています。
でもね、私よりも相当厳しい環境の人はいるのよ。体を壊して仕事をやめてお家賃が払えない…とか。
箱入りオバサンだと気づく今日この頃です。





[PR]
# by izumi_04 | 2015-11-17 21:15 | dialy | Trackback | Comments(2)