2004からブログ喫茶店→2014から介護・難病ブログ


by izumi_04

ゴッドハンドになった

マッサージ修行中の私。
顔のラインが変わって、その効果に驚いています。

パンパンだった顔が痩せて、病気の顔してヤダと言っていたこの私。
目の下のハの字がほぼわからなくなっている。
二重あごは行方不明。
正面から見える耳の量が増えた。

スゴイデスネー。


美人になったというよりも、
若返った!

リフトアップに高い化粧品は要らない!
(高い化粧品が悪い訳ではない)
ちゃんと保湿が効いていれば、化粧品は何でも好きなのを使っていい。
私は、金銭的な問題で自分のことにお金がかけられないので、年齢相応のそこそこ高めの化粧品をやめて、安い化粧水にヒアルロン酸などの原液を数種類1滴ずつ混ぜて使っています。原液は生協で売っています。(1,500円ぐらい)

ほっぺたの位置を昔に戻すのに、
化粧品の力だけじゃなく、他に武器を手に入れた感じでした。

それから脚もホッソリ。
膝小僧が小さくなった。
スカート履いちゃおうかしら?

本当に凄い効き目で我ながら驚いています。






[PR]
# by izumi_04 | 2015-11-05 22:48 | dialy | Trackback | Comments(2)

社会科見学

昨日は盲学校の文化祭にお邪魔した。
白杖とか、補助具を手に取って見てみたかったから。
補助具を説明してくれる業者さんと
盲学校の先生ともお話が出来た。
案ずるより産むが易し
少しの時間しかいられなかったけど、
収穫ありました。

拡大読書機のポータブルなヤツは、
iPhoneやiPadでビヨーンと拡大したりして代用できそうです。
メジャーや黒い定規は見やすくて良いな〜と思いました。

先生によると、早いうちに切り替えて見えるうちにと来る方もいるけど、見えるギリギリまで他の仕事して、もう見えなくなって盲学校に来る人の方が多いとか。
60代で入学、卒業して、生き生きして暮らしている人もいるとか。
「難しいですけど、独り立ちできるところまでは全力でサポートします」と力強い言葉をいただき、勇気づけられます。

大人の社会科見学、もっと色々なところを見てみたい。





[PR]
# by izumi_04 | 2015-11-02 10:55 | Blind | Trackback | Comments(0)

勉強家の患者

母が熱を出して入院した。
5月6月ぐらいはちょくちょく入院していたので、しばらく調子は良かった。

胃瘻を作って1年ぐらい?
口元が、うさぎさんみたいになっている。

混みいった会話は出来ないけど、
意識はしっかりして短い会話はできる。
まだまだ生きる気力はある。

エキサイトブログの中で誤嚥性肺炎についての見解を書いていらっしゃるお医者さんのブログを参考にさせてもらっている。
胃瘻について迷った時に探し出したのだけど、これからも時々見せてもらって参考にしようと思っている。

あまり出回っていない知識は自分で取りに行かないといけないから、図書館やネットの文献漁りは努力して勉強していこうと思っている。
母についてもだけど、自分の病気についても、かなり勉強している。
認知症は高齢者に多いから、最近はテレビでも取り上げられたり、新聞の記事になったりするけど、私の病気は町内に1人いるかどうかの病気だから、情報は積極的に入れていかないといけない。


人はみんな死ぬのに、人が枯れていく様を勉強する事はないから、そこらへんは不思議だなと思っている。


[PR]
# by izumi_04 | 2015-10-16 23:40 | dialy | Trackback | Comments(4)

働くアレコレ

ハローワークで求職者の登録をして、検索を重ねていくと
自分が完全無欠の健常者のような気分で検索して、
うっかり紹介してもらおうとしている。
1日パソコンの前にいると、目が疲れて
やはり自分は病気なんだと自覚するわけです。

難病患者の就労支援

実際には難病に理解を求めるのは難しく、
厚労省のガイドラインのようには配慮されていないと思う。
私は障害者手帳をもらうレベルに達していないみたいだし、
ノー手帳、ノー特定難病支援、の援助の谷間なため、
現状は健常者のフリして応募して働かねばならないようだ。
さらに、オバサンであるということもあり、
いいなと思った求人は「年齢不問」で求人票が出ているのに
先方は「若い人がいい」ということになり、さらに事は難しいようです。

仕方ないので、もう節約に励むか。
今後、ハローワークで病気をカミング・アウトして相談してみることと、
社協の相談センターに相談することを考えています。
[PR]
# by izumi_04 | 2015-10-09 17:16 | Blind | Trackback | Comments(2)

また悩

これから新しい事を始めると少しワクワク気味だったところで、様々な文献を漁って、とある論文にたどり着いた。

発病後10年で視野が20〜10度に
発病後10年で視力が0.5前後、30年ほどで0.1前後になるらしい。
グラフ付きで進行度合いを見て
自分のケースに当てはめてみると

あと5年程度で白杖がないと歩けなくなる
矯正視力は今の段階で0.6ぐらいだから
50歳になる頃には…

そう思うと、今後どうしたらいいんだろう
かとまた悩ましい。

もしも鍼灸師とか指圧師などは障害者手帳をもらってから勉強した方がいい。
まだ見える今からだと学費の面でちょっと。子供達に金がかかっているから自分にはなかなか難しい。

あと10年ぐらい今のまま働けるような気がしていたから、夢みたいな事も考えたけど、あと5年だと思うともうちょっと考えないといけない。



[PR]
# by izumi_04 | 2015-09-21 20:45 | Blind | Trackback | Comments(0)

今月いっぱいで仕事を辞める。
9月の初めに誘ってもらった人に話をして、次の人を探してもらっている。

これからマッサージ関係の仕事をしようかなと思って、リラクゼーション業界に行こうと思ったりしている。
ただ46歳から始めるのに不安もある。

同時にハローワークのネットで求人情報見たり
スーパーでタウンワークもらって帰ってきたり、ハローワークの窓口入りかけたり

今の自分の持っているスキルで事務の仕事かなと思ったりしたけど、結局将来見えなくなったら出来るかわからない。
新しい事を始めるのは勇気がいるけど、始めるなら「今でしょ!」とも思う。
障害者になったらそれはそれで、事務の仕事もあるかもしれない。


まず、社会の一線で戦う体力と弛んだからだと世の中から置いて行かれた病弱な顔つきを戻すところから始めている。
「目以外は健康体なんだから!」

もうすぐやめるのに黒いリュックのファスナー交換とか、なかなか難しい仕事が来る




[PR]
# by izumi_04 | 2015-09-17 22:48 | dialy | Trackback | Comments(2)